職場における女性SEに対する評価

女性SEは脳の作りが男性と異なるためエンジニアに適さない、などと未だに時代遅れの神話を主張する人はあなたの周りにいないだろうか。直接そのようなことは言われなくとも、職場で男性SEと何となく区別されていると感じている女性SEがいるかもしれない。

自身の職場が、大学のプロジェクトでも経験した性別に関するステレオタイプな発想を引き続き反映していると感じているのであれば、頼りになる先輩などに相談するべきだ。男性は彼らの分析力・技術力を伸ばすことができるが女性はできない、そのような暗黙の前提を置かれ、研修機会やスキルを延ばす機会を得られなかった女性SEは少なくないかもしれない。あなたの職場はどうだろうか。

もちろん、女性SEの中には職場がフラットな環境で満足している人もいるだろう。女性SEのニーズをくみ取ったり、技術力を高く評価したりしてくれる企業も最近は増えている。
一方、男性SEが行っている仕事の難易度と比較して、平等な機会が与えられていないと感じる人が一定数存在するのも確かだ。多くの女性SEがより気持ちよく働けるよう、すべての人が職場でのジェンダー・ステレオタイプ化にもっと敏感になるべきかもしれない。

女性がコーディングを好まないという神話を払拭し、技術をより多くの女性が学べるよう企業も変わりつつある。より多くの女性SEが大学でコンピュータサイエンスを専攻することを奨励することから、女性SEのためのより魅力的な求人広告を作成することまで、すべての段階で企業がサポートしていくことが期待される。