女性SE向けの転職先について

女性SE向けの転職先として、大手SIerが挙げられる。SIerとは、コンサルティング業務を中心に行ってコンピューターシステムを開発する業者である。ポイントは大手という点で、大手に勤められればある程度プライベートを重視できる可能性があるからだ。

既婚女性の場合、夫の転勤の都合で引っ越しを余儀なくされることがある。しかし大手のSIerであれば各地に支店がある可能性もあり、引っ越し先に支店があれば自分もそこへ異動を志願することで夫の単身赴任や自身の退職を回避できる。

また大手は福利厚生が充実していることが多く、女性が働きやすい環境整備に努めているケースもよく見受けられる。例えば育児休業などが取得しやすかったり、各種手当が充実していることなどが挙げられる。
労働組合がきちんと機能していれば、休暇や手当などはより保障されているだろう。特に妊娠・出産を希望している女性は、産前・産後の勤務体制や育児休業の取りやすさなどをしっかりと確認すべきだ。

さらに、大手SIerであれば女性のキャリアパスについてもしっかりと道筋がつけられており、仕事ができれば3年後・5年後・10年後の自分の立ち位置も確立できる。また、会社として女性管理職を育てて増やしていくことを目標にしている企業も多々あり、実際にその数は段々と増えてきている。そのため、管理職に向けて必要な努力を積み重ねれば大きく昇進することも可能で、そのための支援も会社がしてくれる。